busoo

運送会社
引越し
クロネコヤマト 日本通運 佐川引越 スーパーカーゴ
カンガルー引越便   ( JITBOXチャーター便  格安 ) フクツー引越便 こぐまの引越便


引越し 1. アリさんマーク 2. サカイ引越 3. アート引越 4. アーク引越
ハート引越 ベスト引越 ファミリー引越 カルガモ引越
ハトのマークの引越 アクティブ引越 スマイル引越 引越しランキング


交渉 業者の選び方 値引き交渉術 値引き交渉テクニック
情報 引越し準備 引越しのキャンセル
(法律)
引越しのキャンセル
(実行)
引越しのトラブル
見積もり 見積もり業者 送料の虎 ( 511 簡易検索 )
比較 1. 引越し比較.com (106) 2. 引越し達人 (大手15) 3. 引越し見積もり (100) 引越し侍 (315)

手付金(前金)を払うことは、法律で禁止されている。
また、見積もり時に仮申し込みをして、「ダンボールは50箱まで無料です。キャンセルも無料でできます。ひとまず、置いていきます。」と置いていき、後でキャンセルした場合、ダンボール等(資材)の返却を求めてくる。箱の返却の送料は1万円程で、返金額と相殺にしたり、キャンセルできないと言ってくる。(送料を自己負担させる)
見積もり時に資材等を置いていくのは、キャンセル防止策(=ゴミ換金策)なので、ダンボール等を気安く受け取ってはいけません。

評判2ch 引越のテクニック (過去スレ)   引越のテクニック14   引越のテクニック13   2ch (運輸板・引越会社)


箱の移動手段(価格を重視>サービス) : 自家用車 > レンタカー (軽トラック) > 運送・宅配会社 > 引越し業者
箱を積む手段(価格を重視>サービス) : 自分 + 友人 > + 宅配の運転手 > + 便利屋 > + 引越し業者

レンタカー(軽トラ)+友人自分で梱包しておき、レンタカーで軽トラックを借りて荷物を運ぶ。引越し当日の積み込みと、部屋へ運ぶ作業だけ友人に手伝ってもらう。見積もりは1万円。
運送会社(クロネコ等)自分で梱包しておき、宅配便で送る。運ぶ作業がなくて重い作業がなくなるし、運転も疲れなくて済む。
最もコストのかかる梱包だけを、自分でやる。20箱で、引越し便で約3万だった。
大きな荷物は運転手と2人で積み込むか、ヤマト便で別送する。
レンタカー(軽トラ)+便利屋自分で梱包しておき、レンタカーで軽トラックを借りておき、引越し当日の積み込みと、部屋へ運ぶ作業だけ、便利屋の2人にやってもらう。大きい荷物が楽チンだ。見積もりは5万円。
便利屋におまかせ最初に上のプランで見積もりし、後日にトラックでの運転・移動を含む「全部おまかせ」プランを見積もりして、値切る。業者では最安値だ。
引越し業者引越しの専門プロなんで、トラックへの積み降ろしから部屋への運び込みまで、全部やってくれて安心だ。ダンボールも無料で貸してくれるし、エアコンの取り外しや、重い作業もできる。
豆知識 : 梱包は自分でやっておく。箱を運んで積むだけの状態にしておくと言い、値切りの武器にする。梱包がもっとも時間と手間を費やすので、業者は嫌がる。特殊な物だけを引越業者に依頼する。

ダンボールはすべて同じサイズで、偶数で注文します。ダンボールを購入する(貸してもらう)、重要な理由です。同じサイズだとトラックに積みやすくて、荷物が倒れにくくなります。
引っ越し業者に無料でもらいましょう。箱の大きさは、120サイズと100サイズの2種類を用意しましょう。主に120サイズに使い、書籍や重い物(食器など)は100サイズを使います。本や食器が少ないなら、100サイズの箱は少なくていい。


引越し業者を呼ぶ前に、決めておくこと

1、荷物の量
ダンボールで何箱か?ダンボールは誰が用意するか?(何箱まで無料で貸し出しか?3サイズ(cm)も聞いておく。)
箱に詰める梱包作業は誰がするか?(これが一番費用がかかる。)(特殊な家電以外は、すべて自分でやると安い。)
トラックでどの程度の体積になるか?
4トントラック(アトラス、コンドル4t等。一般に貸してるのは、日産レンタカーだけ。)
2トントラック(ワイド、標準の2種類。このクラスは、どこも扱ってる。4トンはクセがあるので、大型トラックの運転経験がない方は必ずこちらにすること(重要)。)

2、距離
何キロか?住所はどこか?

3、人数
何人の人手が必要になるか?一番重いものを基準に考えましょう。
荷物の中で一番重い家具や、家電を上から3〜4つ選出し、それを何人で運ぶのか?を計算します。ただし、ピアノなどの人の手で運べないものは除外です。
ダンボールだけなら1人、家具・タンスがあるなら2人、大型の重い家具類・タンスがあるなら、4隅で持つんで4人です。

友人を1人呼んできて、一番重い1〜2個のものが2人(自分+知人)で持ち上がるのか?を直接試してみます。
引越し業者は多めに人を呼ぼうとするんで、自分で見積もって言った方が安く済みます。人件費が一番高いからです。

4、日時
日にちと時間です。午前・午後・夜間の確認です。曜日や時間帯によって、料金も大きく変わってきます。

5、取り外すものはあるか?
取り外しに特殊なものや、時間のかかるものがあるか?、も確認する。家電全般を確認です。
エアコン、食器洗浄器、テレビ、テレビアンテナ(屋根の上)、洗濯機などです。テレビや洗濯機は一般の知識があれば、自分で取り外しできます。エアコンや食器洗浄器やテレビアンテナには、資格が必要です。一般はできません。

(取り外しも取り付けも、自分でできる)、テレビ(テレビの後ろの線を外す)、洗濯機(ホースとアース線を外す)
(取り外しも取り付けも、業者に頼む)、エアコン(電気工事)、テレビアンテナ(電気工事、スカパーの室内アンテナは自分で可能)、食器洗浄器(電気工事と水道工事が必要なタイプと、いらないのがある)、ガスコンロ(ガス会社、外した後の処理が必要)、給湯器(ガス会社、外した後の処理が必要)、照明(シーリングソケットに取り付ける型は自分でできる。この型を除くすべての照明器具には電気工事の資格)

6、価格交渉
すべてを総合して、お値段はいくらになるのか?後で契約と異なる請求をされたとき、キャンセルできるか?
情報の「引越しのトラブル」をチェックしてください。違約金や、手付け金に関する法律が定められてます。

・契約時に内金や手付金を請求することは、標準引越運送約款第3条で禁止されています。荷物の発送地などで下見を行った場合には、実費を請求されることがありますが、業者は必ず事前に金額を示し、了解を得る必要があります。
(手付け金は禁止されている。キャンセル料は3日前までは無料です。提示金額以上の請求は禁止されています。逆に契約したこと以外はやってくれません。それ以外のことで追加料金を請求する場合は、了承を得る必要があります。)

万が一、多額の請求をされた場合には、消費者センターに相談しましょう。契約書が必要です。

7、その他
自分で積むなら、トラックへの荷物の積み方へ。家電や大きいものは荷台の前へ置き、倒れないように壁へ固定する。

傷を気にしないなら、労力を少なくしたい。軽い荷物や軽い大きな荷物は前の方に置き、最後に後ろの入り口付近に、重いものを置きます。降ろすときに、楽チンになります。重い荷物は台車で運びます。
全体的にぎゅうぎゅう詰めにすると、物が倒れにくいです。

ダンボールはすべて同じサイズで、偶数で注文します。ダンボールを購入する(貸してもらう)、重要な理由です。
箱の形が不ぞろいだと、効率よく積め込めません。同じサイズだと直方体に積めるので、荷物が倒れにくくなります。すき間なくきれいに積めて、その上も平行なので大きな物も積めます。

箱の大きさは、車の大きさ・荷物の種類 によって決めます。通常は、2種類を用意する。
中型の120サイズ( 50x40x30 )cmを10〜50箱と、小さい箱の100サイズ( 38x30x26 )cmを5〜20箱を用意します。

小さい箱には割れやすいものと、重くて密度の高い物(本類など)を入れます。ほとんど中型に入れます。
大きいもので箱に入れたい物なら、160サイズを1〜4箱だけホームセンターから無料でもらってきます。大きいものは、直方体で2〜3段に積んだダンボールの上に乗せます。(布団など軽い物は箱に入れずに、そのままビニールに包んで乗せる。)