普通列車と新幹線に、格安で乗る方法
busoo.jp 交通情報へ戻る
新幹線の利用・その他のお得な切符へ   鉄道の日の切符へ
1、青春18切符

春休み
発売日 2月20日〜3月31日
利用日 3月1日〜4月10日

夏休み
発売日 7月1日〜8月31日
利用日 7月20日〜9月10日

冬休み
発売日 12月1日〜12月31日
利用日 12月10日〜1月10日
青春18切符をオークションで売りたい!売れない理由。(出品の注意点。)

オークション(ヤフオク・メルカリ等)に出すと、通常は5枚つづりでしか買えない切符を、ほしい回数分で買えます。これは、学生たちにとって、とてもありがたいものです。JRで遠出の旅行をするためには青春18切符が必要だ。余ってる人は積極的に出品してほしい。

使用期限が、土曜・日曜・月曜日のとき、
売れる日時は、1週間前の月曜日まで(4〜7日前)です。例として、月曜に切符が落札される。落札者は、火曜の朝早くにPCを開き、振込み先を確認してメモし、昼〜夕方に入金します。(夕方振込は、翌日に反映される。)
出品者は、翌日午前に入金を確認して、水曜日の午後に普通郵便で発送します。切符は、周辺県なら翌日(木曜日)の夕方に、遠めなら金曜〜土曜に到着します。
そして、切符を使えるのは、その翌日です。会社員等は、平日には旅行に行けないので、土曜・日曜が使用できる最終です。

使用期限が、火曜〜金曜日(平日)のとき、
売れる日時は、前週の木曜日まで(5〜7日前)です。木曜に切符が落札され、金曜の昼までに入金し、出品者は土曜に入金を確認して、午後に普通郵便で発送します。月曜〜火曜に到着します。切符を使えるのは、その翌日です。

切符を売り切るには、使用期限の7日前まで。
注意点: 銀行振込の反映は、月曜〜金曜の午後3時まで。上記は、両者が終了直後からすぐに取引を行い、スムーズに発送した場合に限る。

一枚で5回分で、11850円です。
切符の切り離しや、料金の払い戻しはできません。一枚で複数人数での利用者は、同時に使用する必要があります。
注意点: 発売日と利用日が、同じではない。

発売場所、JRの全国の駅の窓口
お得な購入
1、ヤフーオークションで購入する。余った残り回数分を自分で売ったり、出品者に送り返せたりと、出品内容によって融通も聞きます。
お安く購入できて、信用もある。注意点は、振込確認〜到着まで最低でも3〜4日を要します。利用期限のぎりぎりで買うときは、到着日数を計算します。相手の振込確認〜送る日付も確認して、わからなかったら質問してみましょう。

2、取り引き掲示板で購入する。
登録や個人確認などがいらずに、気軽に買えます。注意点は、駅の外のトイレ等で、切符とお金を直接交換することです。(同駅の切符だと、中から出られない)詐欺防止のため、手渡し以外はさける事です。
期限がせまった切符でも、入金・発送ともに、その場所でできる。信用の問題(先に切符渡し→その場で確認してお金渡し、が好ましい。同時に交換しない。)も解決できる。掲示板は、手渡し限定にすれば大いに活用できる。

3、金券ショップで買う。使用する回数分を決めておいて、残り回数分を払い戻せるお店まで存在します。


乗れる範囲

普通列車、快速列車に乗り放題です。

注意点: JRの新幹線、特急列車、急行列車には、使えません。
「快速の指定席」や「グリーン券の自由席」に乗る場合には、「青春18切符」+「追加料金」で乗れます。ただし、「グリーン券の指定席」に乗る場合には、使えません。

一部の快速は、全席が指定席で、有料の場合もあります。(せいぜい数百円です。)
一部の普通列車は、グリーン席(空いてる席の多いゾーン)があります。


例外として、一部の区間は、「青春18切符」のみで特急の自由席に乗れます。いわゆる、全国を旅できるようにした特別ゾーンです。この区間には普通列車が存在しません。詳細はマップを見てください。

・津軽海峡線:「蟹田〜木古内」(青森〜北海道)
・石勝線:「新夕張〜新得」(北海道の一部)
・宮崎空港線「宮崎〜宮崎空港」(宮崎空港への便を良くしただけ)


乗るとお得な快速

夜行快速・「ムーンライト号」とは?
1、全て臨時列車(青春18切符の期間のみ運転)
2、全て指定席
3、定員制なので、満席時は乗車できない。早い者勝ち。(←現実は満席でも、強引に入り口に乗り込めばいい。寒い入り口付近に、5時間待機は泣ける。体力がいります。)

現在、利用価値の高いのは、
「ムーンライトながら」(東京〜大垣)、静岡県の普通列車は長いため、有効
「ムーンライトえちご」(新宿〜新潟)、東京から新潟に向かうのに、有効
「ムーンライト信州」(新宿〜白馬)、東京から長野に向かうのに、有効

日付が変わる時刻(午前0時00分)より前に夜行快速列車に乗車する場合、夜行快速列車が0時00分を過ぎて最初に停車する駅までの普通乗車券を買っておけば、「翌日の日付けのスタンプを押してください。」と頼んで効率よく乗れます。

2、青春18切符以外の、お得な切符

北海道&東日本パス

7回分で、大人10290円。子供5140円。

発売、青春18切符の期間と似ている。
条件、JR東日本(東日本側)が乗り放題になる。一部、私鉄等も乗り放題になる。

子供料金があるので、条件が合えば安くなります。


鉄道の日の切符

発売 9月下旬〜10月
利用 10月

2種類あります。毎年、値段や期限や内容が異なります。

鉄道の日の切符、全国版
青春18切符と同じですが、子供料金があります。

鉄道の日の切符、西日本乗り放題
全国版と違い、1日単位で買えます。JR西日本と宮島航路が、乗り放題です。子供料金があります。

3、新幹線の利用・その他のお得な切符

1回で使い切る場合は、金券ショップで買って利用する。(約5〜8%のお得)
往復で使用する場合は、往復割引切符を買って利用する。(約5〜8%のお得)、片道が601キロ以上に限る。
定期的に使う場合は、6回の回数券を買って利用する。(約8〜10%のお得)、有効期限は3ヶ月。

注意点: その窓口の駅に停車する新幹線(のぞみ等)のみ買える。12月28日〜1月6日、4月27日〜5月6日、8月11日〜20日は利用できません。
速さ(東京〜大阪): のぞみ(2時間35分、14050円)>ひかり(3時間、13220円)>こだま(4時間、13220円)>普通列車(9時間、乗り換え6〜7回)

予約しておいて、さらに割引き料金(2016年10月)
区間 通常 JRのお得なチケット IC早得 ぷらっとこだま
東京〜名古屋 10880円 なし 9770円 8100円
東京〜新大阪 14140円 26500円(岡山往復) 12340円 10300円

JR東日本 お得な切符

JR東海 お得な切符

JR西日本 お得な切符

JR窓口の直接販売のお得なチケットは、スーパー早特きっぷ等です。売り出してる区間は、時期によって異なる。7〜14日以上前に購入する。10%〜20%の割引き。

ぷらっとこだま (約26%のお得)

発売場所、JR東海ツアーズ(駅内)、JTBの窓口(JRの駅の窓口では買えません。切符名ではなく、「旅行会社のツアー名」です。)
2種類、エコノミープラン(通常)、グリーン車エコノミープラン(グリーン席)

こだまで使用可能。
乗車日の前日までに購入する。
ゴールデンウィーク、お盆、年末年始の繁忙期にも利用できる。ただし、やや高値になる。
予約した列車の指定席に限り、有効です。変更は、一切できません。

エクスプレス予約(IC早特) (約13%のお得)

発売場所、えきねっとでの、ネット予約
条件、エクスプレス予約は専用のクレジットカードを作り、専用会員になる。

のぞみ・ひかり・こだまで使用可能。
乗車日の3日前までに購入する。(3日前の23時30分まで発売)
予約した列車の指定席に限り、有効です。変更は、一切できません。

鉄道の旅をするための豆知識

・ティッシュを束で持っていく。(トイレのティッシュが有料)
・方位磁針を持っていく。(乗り換えの時間が短いとき、どちら向きに進む列車かわかる)
・始発に乗る。(ゆったりと座れる)
・終点の時刻の5分前にアラームする。終点前のアナウンスの乗り換えの番線は、必ず聞くこと。(スムーズに移動できる)
・時刻表の4分の1の主要線の部分(東海道本線〜470P?)を、抜き取って持っていく。(軽くなる。新幹線本数が多いので不要。)